学校で栄養満点の給食

学校で大切な栄養管理

いじめ

学校での給食のありがたさ

我々にとって、食べることの喜びや楽しみは、当然なことです。ましてや、学生にとっては成長のこともあり、なおさらです。学校での給食は、栄養管理者の計画のもとに日々の食事が考えられています。現代人のように、外食ばかりの偏った食事を成長盛りの学生に毎日食べさせるわけにはいきません。お弁当持参の場合には、残念ながら家庭の環境で作れない家庭もあります。この家庭の子供たちは、質素なお弁当やお弁当なしになってしまい、差別化になります。このようなことを考えれば、管理された栄養満点の学校での給食のありがたさが良くわかります。

給食は貴重な学びの場

学校生活の楽しみの一つが、給食です。嫌いな食べ物も我慢して飲み込んだこと、じゃんけんに勝って好きなカレーをおかわりができて嬉しかったことなど色々な思い出があると思います。最近は、弁当を自分で持ってきて牛乳だけ配られるという形式をとっているところもあります。しかし、給食の時間はとても大事な学びがあります。まず、手洗いうがいの習慣を身につけたり、みんなで分担して協力してご飯やおかずを盛り付けたり、また、片付けまでしっかりしたりすることを勉強します。学校では算数や国語などの座学ももちろん大切ですが、実践を通してコミュニケーション力をつけることも貴重な学びと思います。

↑PAGE TOP